1. ホーム
  2. サイドバー
  3. NLP心理療法ワークの解説
  4. > この症状にはこのNLPワーク

この症状にはこのNLPワークが効果的!!

NLP心理療法にはいろいろなワークがありますが、うつの症状によってアプローチに適したワークがあります。

NLPカウンセリングでもクライアントさんのお話を詳しくお聴きしますが、話を聴くだけではなく身体を動かしながらのアプローチやワークをしていきます。

特にその人を苦しめている固有のパターン

考え方の癖
葛藤の問題

にアプローチしていきます。

例えば、

・人と関わりたいのに自分から壁をつくっていしまう
・リラックスしたいのに緊張してしまう
・何かできるようになりたいのに意欲が湧かない
・眠りたいのに眠れない
・食べたくないのに食べてしまう

などの無意識下で生じている問題にフォーカスをあてて、その人を苦しめているパターンの改善を行っていくことが
セッションの中心になります。

どの症状にどのワークが効果的かを解説していきます。

 

・対人緊張の強い方、あがり症の方

( エクセレントサークル ,リラックスシーンのアンカーリング )

 

・人間関係の問題

( 知覚ポジションチェンジ ,サブモダリティチェンジ )

 

・自己受容、自己肯定感を高める

( フォーカシング-NLPのアプローチではありません )

 

・不眠の改善

( フォーカシング-NLPのアプローチではありません )

 


 不安・睡眠障害・うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのNLPカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加