1. ホーム
  2. サイドバー
  3. NLP心理療法ワークの解説
  4. > 五感をフル活用する

五感をフル活用する~ありありとイメージする~

NLPカウンセリングのセッションでは動きながらのイメージワークをよく行いますが、イメージワークとはなんでしょう?

イメージワークとはその人が頭の中で浮かべるイメージを用いてアプローチしていく手法です。

頭の中でイメージを浮かべるときに重要なのは五感です。

 

五感 すなわち、視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚のことですね。
ちなみにNLPでは触覚・嗅覚・味覚の三つをまとめて体感覚としています。

よって表現の仕方としては、視覚(V)・聴覚(V)・体感覚(K)と表します。

五感を用いて浮かべるイメージを名曲-神田川を例にとって確認してみましょう。

 

~神田川~

あなたはもう忘れたかしら

赤い手ぬぐいマフラーにして (視覚)

二人で行った横丁の風呂屋 (視覚)

『いっしょに出ようね』って言ったのに (聴覚)

いつも私が待たされた

洗い髪が芯まで冷えて (体感覚)

小さな石鹸カタカタ鳴った (聴覚)

あなたは私のからだを抱いて

『冷たいね』って言ったのよ (聴覚-体感覚)

若かったたあの頃 なにも怖くなかった

ただあなたのやさしさが 怖かった

(作詞:喜多条忠 作曲:南こうせつ)

 

この曲を聴くと恋人である二人の様子がありありと浮かんできますよね。

このありありとイメージを浮かべることができるというのがポイントです。

五感をフル活用することになってイメージをありありと浮かべることができるのです。

 

いいイメージをありありと浮かべることができればプラスのアンカーリングをかけることができますし、

嫌なイメージがありありと浮かんでくるのであればマイナスのアンカーリングが入ってしまっていると言えます。

マイナスのアンカーリングはプラスのアンカーリングで上書きすることができます。

これがNLPカウンセリングのセッションでよく用いられるワーク=アンカー潰しになります。

アンカーリングとは?

 

不安・睡眠障害・うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのNLPカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加