1. ホーム
  2. サイドバー
  3. NLP心理療法ワークの解説
  4. > 究極のペーシング

究極のペーシング


心理療法をするうえで
【カウンセラー自身が幸せを感じている必要があるのは
 どうしてなのか?】
についての考察です。


大阪でNLP心理療法を学んでいた頃のK師匠が、
NLPの創始者の一人 ジョン・グリンダー先生の
セミナーを受けたときのことです。

一見何の変哲もないそこらのオッサンくさいグリンダー先生が、
NLPのデモンストレーションワークをやり出した瞬間から
K師匠はぐらぐらと立ち上がれないほどの衝撃を覚えたそうです。


この内側から湧き上がってくる多幸感~揺れは何なのか!?
と強烈な問いを感じたK師匠は、
セミナー参加者達に自分と同じような感覚を
感じたか聞きまくってみました。

そうしたところ、
何らかの問題を抱えNLPにより自分の問題をクリアにしてきた人達は、
(NLPのワークを自分に適応し内面の問題を乗り越えてきた人達)
K師匠と同じような感覚を感じていたそうです。 
対して友人に誘われて興味本位でとか 
まぁ ビジネスの役に立つだろうというような感覚で参加した人達には
そのような衝撃はなかったそうです・・・


K師匠がこの出来事の意味を1~2年にわたり考え続け

達した結論は、

グリンダー先生はセミナーに参加している人達の多くに
高度なペーシングを合わせることにより
強烈なラポールを生み出していた。

(ペーシングとは呼吸や声の高さ、
 目線の合せ方などを同じ流れにしていくことを意味し、
 ラポールとはすごく波長が合っていることを意味しています)


ハイパー高度なペーシングが合わさったことにより、
セミナーを受けている人達の中でグリンダー先生と強く共鳴した人達と
グリンダー先生の内的状態=内面の状態が一致するような流れができた。
グリンダー先生のエネルギーが共鳴した人達に
流れ込んだというと語弊がありますが、そんなイメージでしょうか・・・

つまり、


セラピスト(カウンセラー)が幸せを感じて良い状態であって 
きちんとラポールでつながりながらカウンセリングできていれば、
セラピストの内的状態(幸せな状態)に
クライアントさんの内的状態が同調していく
という流れが生まれるということだろうと分析できたわけです。

K師匠は、

『 自分がぐらぐらと揺れるほどの多幸感を感じたということは
  グリンダー先生の内的状態がいかに素晴らしいものであるのか
  ということだと実感した。 

  この体験の分析を通してセラピストに最も必要なことは
  自分の内面を常に良い状態に保つことだ! 
  とより強く確信するに至った。 』 

と話してくれました。


質の良いカウンセラーを見極めるポイントは、
【そのカウンセラーが自分を幸せにする能力をもっているかどうか】
だという話ともすごく重なり
自分の中で深く得心できるという素敵な気付きがありました☆


今後のわたしのカウンセラーとしての在り方に
示唆を与えていただいたことを感謝したいと思います。





愛知県名古屋市でうつ病・抑うつ状態の克服なら大岳カウンセリング.room

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972