1. ホーム
  2. サイドバー
  3. NLP心理療法ワークの解説
  4. > フォーカシング-身体からの反応

フォーカシング~身体からの反応~


フォーカシングはNLPではありませんが
同じ心理療法の領域として
NLPと合わせて用いると
大きな効果を感じれるとてもよいアプローチです。


フォーカシングは普段私達が気付きにくい
身体の声(心の声)を聞くのに有効な
アプローチであり
自分が本当は何を望んでいるかに気付き
自分の身体と仲良くなっていくことによって
状態が良くなっていきます。


フォーカシングによって身体から返ってくる
反応は様々ではありますが、
身体の各部位からのメッセージを
おおまかにざっくりと分けると
下記のような感じになります。


喉―言いたいことが言えない

肩ーストレス(無理をしている、理不尽だと思いながらやっている)

胸―愛情関係

胃―重荷、ノルマ

下腹―不安、緊張

腰―意識していない怒り

(これは必ずこのような反応があるといことではなく
 あくまでよくでてくる感じとしての例であります)


自分の身体(心)が訴えている声(メッセージ)を

感じることができるようになれば状態もよくなっていきます。




※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加