1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 『乗るのが怖い』

『乗るのが怖い〜私のパニック障害克服法〜』

長嶋一茂さんが本をだされました。

私は一茂さんがパニック障害うつを患っていたことは
クライアントさんから聞いて初めて知りました。

『乗るのが怖い〜私のパニック障害克服法〜』(幻冬舎新書)

パニック障害の体験といかに克服したのかが
赤裸々に語られていて、最近読んだ本の中では一番感銘を受けました。

 

現在もTVで拝見しますし、
本のなかでご本人が述べられているように、
おおむね「健康」という状態を取り戻していらっしゃるようですが、
体験談を読むとそんなにひどかったんだと感じる程
パニック障害に苦しんだ十余年間が伝わってきました。

 

一茂さんはコンプレックスが強く、
練習をどれだけ必死でしても
自分を褒めることがなかったそうです。
(お父さんの長嶋茂雄さんがスーパースターだから
ある意味コンプレックスは宿命とも言えますが)

 

パニック障害だとわかってしばらくして、
一茂さんは自分の肉体を酷使しすぎたことに気付いたそうです。

 

自分のことは自分しか褒めてくれない。
イチローのような特別な存在になれば
まわりや世間も称賛してくれるかもしれないが、
通常は他の人が自分のことを褒めてくれることは
なかなかないのだから自分が褒めてあげないと誰も褒めてくれない。

 

『 自分の肉体をちゃんと褒めてあげないと。
自分の身体をちゃんといたわらないと。
大変だったね
今日は、寒い中ずっと立ってて、大変だったろう。 』

『 自分の肉体って自分の魂しか褒めてくれないんじゃないかな 』

 

 

一茂さんはパニック障害になったことにより
自分の中の自分と対話するようになったそうです。

そして、その「自分へのいたわり」が
パニック障害を克服するためには、
非常に重要なことだと気付いたと述べられています。

 

読んでいて非常におもしろく感じました。

【自分の魂と自分の肉体との対話】

フォーカシング的な要素もあるし、
自分の身体に 『ありがとう』 を伝えるという
私がしているアプローチとの共通点をたくさん感じました。

 

 

パニック障害やうつ病で苦しんでいる方は、
先ずは自分の身体に

『 今まで大変だったね   よくやってくれているね 』

と伝えることから始めるのがいいと
新ためて再認識することができました。

 

「パニック障害は自分の人生を見つめ直す絶好の機会だ」

「パニック障害のピンチは、自分次第で、すごいチャンスに変えられる」

「医師や薬に頼る前に、
自分がどうなりたいか、どうあるべきかを考える」

 

上記の言葉は長嶋一茂さんがおっしゃっていることですが、

パニック障害やうつ病は自分の生き方を転換するチャンスであると思います。

 

自分の無意識が今までの生き方はもう嫌だ

本当に自分らしい生き方をしたいと望んでうつになった

 

そのことに気付くことができたら
もうは半ば回復したと言ってもよいのです。

 

参考 ー 自分をほめる心境~自分に投げかける言葉~

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加