1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 『神経症性』とは?

『神経症性』とは?

精神科医 泉谷閑示先生は、 『神経症性』について

「人からどう思われるか」
「どう見られたいか」

を意識し過ぎるあまり

「自分がどう感じるのか」
「自分はどう思うのか」

が、後方に退けられてしまって
自分自身が萎縮してしまっている状態のことを意味している

と定義されています。

 

『神経症性』に支配されてしまっている人は、
周りを見渡して

周りと同じであるか
恥ずかしくないか
笑われないか

と警戒します。

 

そして、

「どう思われるか」
「こう思われないように」

ということにビクビクしながら、
自分の感覚や感性、思考を退化させて
主体を失ってしまうのです…

 

泉谷先生は薬物療法だけではなく、
精神療法をメインにクライアントさんが
自分の本質を見出し
主体を取り戻していくプロセスを治療の根幹に据えられています。

 

泉谷先生の著書はとても参考になるので
一読されることをおお薦め致します。

 

『 クスリに頼らなくても「うつ」は治る 』
(ダイアモンド社)

『 「普通がいい」という病 』
(講談社現代新書)

 

 

参考 ~ AKB総選挙にみる日本の世相 ~

 

 

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加