1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > うつ病体験の本

うつ病体験の本

現在はうつ病がどのような病気であるかの本が

たくさん出回っていますが、私としては

 

・当事者の視点で描かれている

・実際の体験に基づいている

・良くなっていく過程が見えるので希望がある

 

などの理由から

『ツレがうつになりまして』
『その後のツレがうつになりまして』
(細川豹々著)

『うつ病記』
(はやしたけはる著)

 

がお勧めだと感じています。

 

どちらも柔らかいタッチの絵で描かれている
マンガなので読みやすいですし、
当事者が読んでも自分と同じような症状で
苦しんでいる人がいるのがよくわかることと
ご家族が読んでも当人にどのように接すれば
いいかの参考になると思います。

うつ病で苦しんでいる方
ご家族にうつ病当事者がいらっしゃる方は
一度目を通して見られるといいでしょうね。

そして、感じたことを話し合ったりして
うつ病への理解を深めることができると
お互いに気持ちが楽になるかもしれません。

 

 

他にも-『ぼくのオカンがうつになった。』 (佐口賢作著)

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加