1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > それでも人生に

それでも人生にイエスと言う

ユダヤ人で、あのアウシュビッツの強制収容所を生き残った精神科医であり心理学者にビクトール・フランクルがいます。

彼はその激烈な体験を踏まえ

名著
『夜と霧』
『それでも人生にイエスと言う』

を著しました。

 

フランクルがあの地獄のような
アウシュビッツ収容所を生き抜くことができたのには
ある理由がありました。

 

仲間達が次々と倒れていくなかで
彼は将来の自分の姿をありありとイメージしていました。

 

この収容所の生活を生き抜き、

大きな講堂で大勢の聴衆を前に

この地獄のような出来事を

二度と引き起こしてはいけないと

訴えている自分の姿をイメージしていたのです。

 

講堂に集まった何百人という人達を見ながら、
彼らの歓声と拍手を聞き、
湧き上がってくる熱い思いを

ありありと感じていたのです。

 

ナチスによる人種差別を
決して許してはならない非人道的な行為として
断罪している自分のイメージを明確に描いていました。

 

それこそが彼の生きるエネルギーの源になり、光となりました。

 

そう  だからこそ人生にイエスと言おう

 

 

~ 苦難や困難こそが、私たちの人生を意味あるものにしており
「その事実にどんな態度をとるか」
に生きる意味を見出すことができる
by ビクトール・フランクル ~

 

参考 ~ミルトン・エリクソンの心理療法~

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加