1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 不眠が告げるメッセージ

不眠が告げるメッセージ

精神科医 泉谷閑示先生の考察によると

不眠は、
「今日という一日を生きたという手応えがない」
という未練があることを示しているそうです。

 

ですから、
一日の最後に眠れない場合には、

「ほんの少しでもよいから、自分らしい時間を過ごすように」

と泉谷先生は勧めていらっしゃいます。

 

この「自分らしい時間」の内容は、
人によって千差万別であって、

読書がそうである人もいれば、
音楽を聴くがそれにあたる人もいて、
星を見るがビンゴの人もいる…

 

よく
「体を動かして疲れたら眠くなる」
と言われますが、

これは運動することが
「その人らしい時間の過ごし方」
である場合に限って有効なのです。

『「普通がいい」という病』  泉谷閑示著
(講談社現代新書)

 

私にとって自分らしい時間の過ごし方とは、

一つは
ダンス=踊ること
だと思います♪

ただ、うつがヒドいときは踊る気はしなかったので
一概には言えないのかなという気もします。

 

もう一つは
心理療法を学ぶことでした

NLPの心理療法に出逢い
本格的に学び始めてからエネルギーが湧いてきた私は、

生き生きとし始め

いつしか眠れるようになっていきました

 

眠れるっていうことが、
こんなに気持ち良く素晴らしいことだったなんて・・・

感謝☆

 

参考 ~ 鬱はあなたのさなぎなのかも… ~

 

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加