1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 大学受験のプレッシャー

大学受験のプレッシャー


高校時代

学校を休むことが多くなり
何もする気がしないため
ゴロゴロする時間が増えていきましたが、

そのためか大人になってからも
赤点が重なり進級がヤバいという感じの夢や

体育の出席時間が足りなくてあわや留年か!?
という夢や

出席日数、単位が足りなくて卒業できない〜
という夢をよくみました。。。 


勉強は本当に進まなかったけど、
大学に行くのは当たり前 と思っていました。

運が良かったのか
受験した私立大学は全て滑りましたが、
一つだけ国立の高知大学が受かりました。


今思えば、
あんな状態でよく受かったな

という感じですが…

プライドだけがやたら高かったわたしは、
早稲田、慶應じゃなきゃヤダ!
みたいな妄想を膨らませていました。

それに対しては父が

『 おまえは浪人に向かないから
  ここで大学へ行っておいた方がいい 』

と断言したことによって
高知大学に進学することになりました。


当時は不満もありましたが、
結果的にそれはとても良かったと思います。

浪人していたら勉強できず、
完全なうつ状態になっていたものと推測します…

何かプレッシャーがかかると状態が悪くなる
というパターンを繰り返していたのですが、

おそらく、
自分の好きなこと
楽しいと感じることに
取り組めていないという在り方が
この状態を招くベースになっていたのだろうと考察しています…


  ~ 大学時代はOK!  に続く ~



※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加