1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 尾崎豊について

尾崎豊について

尾崎豊さんが亡くなったのは、私が21歳 高知大学の3年生 ー 国立高知病院に盲腸で入院していたときのことでした。

 

それまで尾崎の歌を聞いたことはあってもあまり気に留めませんでした

それが俄然聴いてみたいという気持ちが湧いてきました

 

尾崎は薬を常用して逮捕されアルコールに侵されていました

尾崎の死により 彼の心の闇を感じてみたくなりました

 

尾崎の詩でも特に初期のものが心に響きました

 

『 僕が僕であるために 』

『 I love you 』

そして

『 シェリー 』

 

シェリー 俺は転がり続けて こんなとこに辿り着いた

シェリー いつになれば俺は這い上がれるだろう

 

悲痛な叫びのように

自分とは何なのか

自分の存在とは何なのか

俺は何のために生まれてきたのか

 

自責するかのように歌う尾崎に引き込まれていきました

 

美しいメロディーに

魂の叫びのような歌詞

 

素晴らしい天才だと思います

 

 

ただそこには希望がなかったかもしれません

 

 

うつ病のクライアントさん達が心療内科(病院)を選んだときのポイントや心療内科への通院からNLPカウンセリングを受けるに至る経緯、うつ病から回復するプロセスについてはこちらのページからご覧になれます。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加