1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 思考がネガティブに…

思考がネガティブに向かってしまうのは・・・

『 どうして私達の思考は悪い方 悪い方へ

エネルギーが向かっていってしまうのでしょうか? 』

私達は成長する過程でまわりの人達や学校の先生から
いろいろな制約を受けて育ってきています。

 

「~をしてはいけない」
「頭悪いな」
「そんなこともできないのか」
「自分の頭で考えられるようにならないとダメだ」
「働かざる者食うべからず」
「好きなことをしてメシが食っていけると思っているのか」
「世の中そんなに甘くないんだ」

などなど・・・

 

アメリカの行動心理学者
シャド・ヘルム・ステッタ一博士の研究によると、
人は生まれてから成人するまでに、
平均14万8千回のネガティブなメッセージを聞かされて育つそうです。
(どうやって計算したのかは分かりませんが)

 

褒められることよりも
けなされることや否定されることが圧倒的に多いため、
心の枠組みが自然にネガティブな方へ
向かうように出来上がってしまうのです。

 

このことに気付けると意識的、無意識的に
この枠組みを再構築していくことによって
生きやすくしていくことが可能です。

 

ある意味、

この枠組みを意識的に変えようとするのが
認知療法のアプローチで
無意識的な変化を促すのがNLP心理療法だと言えます。

 

意識的なアプローチと無意識的なアプローチ

どちらも有効であり
どちらからアプローチしてもよいのですが、

無意識の方がパワフルなので
私の好みとしてはNLPが好きなんですね☆

 

参考 - NLPカウンセリングのセッションの流れ
【電話カウンセリングのケース】    

 

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加