1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 意味から強度へ

意味から強度へ~宮台真司の考察~

『 生きる意味がないから人生が楽しくないのではない

人生を楽しめないようなタイプの人間だから

生きる意味をもとめてしまうのだ            』

 

この言葉を噛みしめ
確かにその通りだと思いました。

その通りだが、ではどうすればいいのか?
意味を考えてしまうタイプの私はどのように
生きればいいのか・・・

この思いが切実に浮上してくるわけですが

 

それに対して宮台真司さんはこう答えます。

 

『 人間はもともと意味をもとめて生きてきたわけではない

原始時代を思い返してみれば

獲物を捕らえたときの

手の中でビクビクと動く躍動感

捕らえたー

という思いとともに湧いてくる感情

こんな感覚のなかに生きている実感を感じてきたのだ

 

これを強度といいます

意味ではなく強度をもとめなさい              』

 

 

なるほどぉ

と思いました

 

意味ではなくて強度をもとめることにより

生きる実感を掴めばいいのか!

 

現代は原始時代ではないので狩りをする機会を

もつのは難しいですが、現代社会のなかで

強度をもとめる作法は若者に学びなさい

というのが宮台さんの提唱した内容でした。

 

現代社会で強度を得るには?

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加