1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 意味問題をクリアに

生きる意味問題をクリアする~宮台真司への考察~

宮台真司さんの提唱していた

『終わりなき日常』
『意味から強度へ』
うつ病から回復した減地点から俯瞰してみると

 

いろいろと感じることがあります。

 

『終わりなき日常』 は確かにインパクトがあった

リアルな現実感もあった・・・

しかし、希望がなかったのだと思います。

 

その世界観、人間観には
むしろ絶望の匂いさえあったのかもしれない

 

強度という考え方は有効な部分もあると思います。

現代人はとかく思考に偏りがちです

人間の脳には左脳と右脳があり
思考と感情を司っていますが
現代人は歴史上のなかでも
左脳の使用の割合が極端に大きいのでしょう

 

資本主義は思考し論理を追究することによって
発展してきたのでしょうから
その社会システムを支える学校教育も
当然 思考中心 左脳的な知識を教えることに
重きを置くことになります

美術・音楽・体育などの教科もありますが
やはり思考中心の教科に比べれば
比重の大きさが格段に低いですよね・・・

 

思考と感性の割合は5:5が理想でしょう

つまり、生きる意味から解放されるには
右脳を使う = 感じる力を高める
が処方箋になると思います

 

強度を得るはその一つの手段だと思いますが、
強度ほど強いものでなくても感じる力を高めて
いけば自ずと意味問題から抜けることができます

 

そして、もう一つ
私がNLPに出逢ってよかったのは
人間に対する信頼感があったからでした。

『終わりなき日常』 にはどこか
絶望を感じさせる響きがあった

それに対してNLPは私に希望を
感じさせてくれたのでした。

 

『 誰でもその人の中に必ず光がある 』

 

それは自己治癒力なのかもしれないし

生命力と言えばいいのかもしれない

 

その人のなかにある光にフォーカスしさえすればいい

 


    感じる力を高める → 五感のフル活用

 

感じる力を高める → 五感を高めるには

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972