1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 日本の子どもの孤独感

日本の子どもの孤独感~幸福度の調査~

国連児童基金(ユニセフ)報告書(2007年)によると日本の15歳児の29.8%が、

『 自分を孤独だと感じている 』

そうです。

これはOECD(経済協力開発機構)加盟国平均の7.4%を大きく上回る数値で、日本の子どもの情緒的幸福度(充足感)が著しく低いことが示唆されています。

 

「その要因として、子どもと親、子どもと教師との間の関係の貧困さがある」

との指摘もあります。

 

現在の日本の社会はスピードも速く

競争も激しいため子どもも大人も疲弊状態にあると感じることが多いですが、

幼い頃からうつ病になる要因が潜んでいる

のかもしれませんね。

 

私は社会構造についてはどうしたらいいのかよくわからないし、アイディアや行動も浮かんでこないので自分の領域だとは考えていませんが、

現在の社会構造を踏まえつつ

目の前の人間関係のなかで

孤独を癒したり、状態を良くしていくようなアプローチやつながりをつくっていきたいと考えています。

 

うつ病のクライアントさん達が心療内科(病院)を選んだときのポイントや心療内科への通院からNLPカウンセリングを受けるに至る経緯、うつ病から回復するプロセスについてはこちらのページからご覧になれます。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972