1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 本は読めないけれど、

本は読めないけど、ドラマ化されたノベライズは読める!?


うつで状態の良くないときって
新聞や本が読めないことがありますよね・・・

カウンセリングでクライアントさんと
話をしているときにある気付きがありました。


人間の五感をNLP(神経言語プログラミング)では
V・A・Kと分けます

・V(ヴィジュアル)-視覚
・A(オーディトリー)-聴覚
・K(キネスティック)-体感覚


誰もがV・A・Kを用いて感覚を認識しているのですが、
人によって優先的に使用する感覚に差があります

と ここまでは前振りで~


クライアントさんがおっしゃるには

「 普通の小説は読めないんだけれども、
  ドラマ化されたノベライズもので
  ドラマを見ていた小説なら本でも読める 」

のだそうです・・・


う~ん

なるほど

ということは、
わたし達の脳の中のヴィジュアル化の領域(視覚野)が
うつによってショートしてダウンしているので
文字から映像を想像しにくい

~ イメージしにくい ~

ことが要因になって
本や小説が読めないという状態になっている
可能性があるのかなと


マンガは
文字を頭の中でヴィジュアル化する機能が弱っていても
絵が補ってくれているので本より読める

ということではないかなと~


面白い気付きでした☆


もしかしたら、
もともとV(視覚)とA(聴覚)の強い人~
ヴィジュアルとオーディトリーの強い人は

うつになっても本が読めるかもしれないぞー
とも考えたので

考察を深めたい気がしています♪





愛知県名古屋市でうつ病・抑うつ状態の克服 大岳カウンセリング-お問い合わせフォーム


※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加