1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 疾患とダブルバインド

精神疾患を引き起こすダブルバインド

ダブルバインドとは二重拘束という意味ですが、

逃れられない矛盾する二重のメッセージを与えられ続けると

精神的に多大なダメージを受け、心を病んでいきます。

 

例えば、飼い主が犬に笑顔で
「 おいで おいで 」
と言いながらバットを振り上げているとします。

 

犬は迷いますよね

飼い主が笑顔でおいでと言ってくれている
でも寄っていったら殴られる

毎回 殴らなくても
このコミュニケーションをされていると
犬でも一週間で精神を病むそうです・・・

 

このコミュニケーションの特徴は
飼い主は自分のご主人であり
犬が従わざる負えない関係にあるというのもポイントです。

まったく知らない人であったり
吠えてくる犬であれば
歯向かったり、逃げることができるので
心は一方向であり
ダブルバインドに陥ることはありません。

 

 

この例は極端ですが
笑い話ではありません

 

家庭のなかでもこれに近いことが行われていないでしょうか

 

子どもは小さい頃は基本 親のことが好きですよね
幼いくて自分一人では生きていけませんから
親を頼りにしていますし
親に自分を見てほしいと望みます

 

親が気分屋の場合

寄っていって甘えれる場合もあれば
寄っていったら
『 今忙しいからあっちへ行ってなさい 』

と言われることもある

 

お母さんの発している言葉としては
甘えてよさそうだが、
雰囲気や顔の表情から
本当は他のことが気になっていて
自分が甘えていい状況じゃないのではと感じたりしている

お母さんにいつも寄っていきたいが

甘えていいのか
甘えないほうがいいのか
よくわからない・・・

 

お母さんの言葉、表情、声のトーン、雰囲気から
いろいろなものを受け取り混乱します。

 

自分や周りの人達がダブルバインドという

コミュニケーションをしていないか意識してみるのも
関係を良くするきっかけになるかもしれませんね。

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加