1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 自分をオープンにすることへの不安

自分をオープンにすることへの恐れと不安


友人と電話で話していて、若い頃から ~30代になっても、

【人前でなぜか裸で逃げ回らなきゃならない夢をよく見ていた】

ことを思い出しました…


とても、恥ずかしい気がして
夢の中で羞恥心と居たたまれない感覚や気分を
しょっちゅう味わっていました

目が覚めて、夢か と気付きますが、
イヤな汗をじっとりとかいていつも非常に不快な夢でした


今 振り返って分析してみると、
あれは自分の内面を他人に

見せたくない
知られたくない
オープンにできない

心の状態の表れだったのだろうと思います


人が怖かったので、
なんとか自分を守ろうと必死で壁をつくっていました
人に近寄ることができなくて、距離をつくり防御していました

その反面、

自分のことを誰も分かってくれないと他人を恨んだり
孤独で淋しいと感じたりしていました…


自分のことをOKだと思えていないから、
人に自分をさらすことに恐怖を感じる
自分をオープンにすることに恐れを感じていたんやと思います


NLPによりうつから回復する過程で、
そういえば、最近 裸の夢見ないな
ということに気付きました

おそらく、

プラスもマイナスも同じ
自分のネガティブな面、ポジティブな面ひっくるめて
これで良かったんだと感じるようになったので、
自分をオープンにすることへの恐れと不安が
スーッと減ったんでしょうね


そうすると、
失恋話をネタにすることも可能になりました

一生懸命口説いてた女のコに、
あなたは足が臭いからムリッ!!
って言われたとですよ~(T_T)~

ヒロシです

ヒロシです

ヒロシです





愛知県名古屋市でうつ病・抑うつ状態の克服 大岳カウンセリング-お問い合わせフォーム

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加