1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 自己肯定感について①

自己肯定感について①

うつの方は

自分のことをダメだと思ってしまう
自分のことを好きになれない
自分なんていないほうがいい・・・

と感じてしまい、苦しんでいることがよくあります。

 

これは
自分を肯定できない
自分にOKをだせない
自己肯定感が非常に低い状態だと言えます。
自己肯定感は二つの要素から成り立っています。

それは
自尊心(セルフエスティーム)
自己効力感(セルフエフィカシー)です。

セルフエスティーム
自分を尊重する感情
ありのままの自分を受け入れている
自分はこの自分でOKなんだ という感覚と言えます。

セルフエフィカシーのほうは
自分の能力に対する自信
自分はできるんだという感覚 と言ってよいでしょう。

自己肯定感はこの二つの要素から成り立っており
両方満たされていることによりバランスが取れる

この両方の要素を上げていくことが
自己肯定感を高めることにつながります。

 

 

自己肯定感について②~自尊感情があがった具体例~

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加