1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 起こることはすべて

☆起こることはすべて最高のこと☆

~昔々 インドのとある王国のお話です~

 

その国の王様にはたくさんの家来がいましたが、
中でも王様の一番のお気に入りはラクシュマナンという家来でした。
王様はラクシュマナンといると何故か気分がいいのです。

ある日王様は大好きなカレーを食べてご機嫌でした。

『このカレーはスパイスが利いていて
とても美味しいぞ、ラクシュマナン』

『王様 それは素晴らしいですね。
貴重なスパイスでつくったカレーはとても美味しいですよね』

 

またある日 王様は大事にしていた
お気に入りの花瓶を落として割ってしまいました。
落ち込んでいる王様にラクシュマナンが言いました。

『王様 それはとてもよいことですよ。
新しい素敵な花瓶を新調してみてはいかがでしょうか』

『そうじゃな  うん、そうすることにしよう』

王様は新しくて素敵なデザインの花瓶を新調しました。

『ラクシュマナンよ お前といると儂はとても気分がよいのじゃ♪』

 

王様の家来の大臣達は快く思っていませんでした。
いつもラクシュマナンばかりが王様のお気に入りだからです。

 

ある日 王様が誤ってナイフで指を切ってしまいました。
それほど大きなケガではありませんでしたが、
王様は動揺してしまいました。
ラクシュマナンがいつも同じことしか言わないことを
知っていた大臣達はここぞとばかりに言いました。

『おい ラクシュマナン
王様が指を切ってしまわれたぞ!
お前はどう思うんだ?』

『王様 それはとてもよいことです』

『何っ 儂が指を切ったのがよいことだと申すのか!
無礼者め     ラクシュマナンを牢屋に放り込んでおけ!!』

こうしてラクシュマナンは
地下の牢屋に閉じ込められてしまいました・・・

 

翌日 王様は狩りに出かけました。
いつもならラクシュマナンが御供をするのですが、
牢屋に幽閉されていたので王様一人で出かけました。

野原を越え 森の中へ入りどんどん行きます。
いつしか王様はジャングルの中に迷い込んでしまいました。

 

ジャングルをさ迷っていると部族の一団と出くわしました。
恐ろしいことにそれは人喰いの風習をもつ種族だったのです。
王様は捕まって棒に縄で縛られてしまいました。

まさに丸焼きにされようとしたそのとき
部族の長が王様の指から血がでているのに気付きました。

『おい こいつは指をケガしているぞ
クソ  血で汚れた人間は神に捧げることができん。
しょうがない  離してやれ 』

 

王様は命からがら逃げ帰り、
ようやくお城に辿り着いたときに
ラクシュマナンの言っていた意味を悟りました。

牢屋からラクシュマナンを解放し

『ラクシュマナン すまなかった。
儂が悪かった、お前の言うとおりだった』

と謝ったのに対してラクシュマナンは、

 

『いいえ 王様
私が牢屋に入れられたのは最高のことです。
牢屋に入れられず、
王様の御供で出かけていたら私が生贄になっていたでしょう』

 

と和らかく微笑んだのでした

 

~ いつも心にラクシュマナン ~

 

参考 ー うつ病の肯定的意図~うつになったことには意味がある~

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972