1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 長男、長女の憂鬱

長男、長女の憂鬱

親は子どもに期待するものですが、

親の期待に応えようとする度合いとしては

兄弟の中でも長男、長女が特に高いように思います。

 

もちろん、二番目や三番目の子どもであっても
親の期待に応えたいという気持ちがあるでしょうし
兄弟の中で下の子ほうがその思いが強いという子もいるでしょうが、

 

自分のまわりやカウンセリングのセッションを通して感じるのは、

一番上は親の期待をもろに受けて育ち、

しかも、いい子を演じてその期待に応えようとして潰れる・・・

 

そんな、パターンが多いなぁということです。

 

 

有言、無言に感じる親の期待に応えよう応えようとするあまり
本当に自分がしたいことが分からなくなって

エネルギーがなくなっていく
エネルギーが減退している

そのため自分はもともと力がないんだと思い込んでいる
そんなパターンを目にすることが多いです。

 

 

これは私の個人的な実感なのかもしれませんが、
下の子の方が親の価値観に逆らい
自分がこうしたいというのを主張することにより
自分を形成していく割合が高いような気がします。

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972