1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 韓国と日本の自殺を

韓国と日本の自殺を考察

 

経済協力開発機構(OECD)の2010年の発表によると
OECD加盟国 30国の内 日本は三番目に自殺率が高いそうです。
ちなみに一位は韓国、二位はハンガリーとなっています。

2008年の人口10万人当たりの自殺死亡者数は、
韓国-24.3人、ハンガリー-21.0人、日本-19.4人
となっています。

 

最近 韓国の芸能人が自殺したニュースが
日本でも話題になりましたが、
韓国の芸能人が相次いで自殺する背景について
韓国延世大学の黄相旻教授は、

「 韓国人は
『他人が自分をどのように見ているか』
という観点で自身のアイデンティティーを確立する傾向にあるが、
自分自身が置かれた状況がすぐれない場合は自暴自棄になり、
極端な選択をとってしまう傾向がある 」

と指摘しているそうです。

 

 

翻って日本人について考えてみると

 

日本人も

周りからどう見られているか

他の人から自分がどう見られているか

 

をとても気にしており、

 

他の人と比較して
自分が満たされていない

 

という思いを強くしていると感じます。

 

人との比較ではなく

いかに自分の中に軸をつくっていくか

 

ここに生きるベースとなる核があると感じています。

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972