1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > 韓国の憂鬱

韓国の憂鬱

 

ニューズウィーク日本版(2011年9月21日発行号) に
「芸能人を死へ追いやる韓国病」という記事が掲載されていました。

現在の韓国社会が抱える問題に迫った記事を興味深く読みました。

 

「韓国の自殺率は1990年代に増加を続け、
97年のアジア通貨危機以降急増し、
2003年にはOECD(経済協力開発機構)
加盟国30か国中トップになった。

当初、自殺率上昇の要因は不況と思われていたが、
GDP成長率が4%以上に達した時期も
自殺率は上昇を続けたため、原因は経済成長を続けるなかで
金融や労働などさまざまな改革が進められ、社会・経済構造が
変わったことにあるのではないかとみられるようになった。

なかでも深刻な問題が雇用不安

アジア通貨危機を機に非正規雇用の割合が増加、
2009年には雇用全体の33.4%を占めるようになった。
20〜24歳に絞れば、非正規雇用の割合が41%・
失業率も9%以上に達し、若い世代の多くは低賃金に苦しんでいる。

そんななかで格差が深刻になるればなるほど、
勝ち組になることへの強迫観念は強まっていく・・・」

 

韓国は近年猛スピードで経済成長を遂げましたが、
問題の根底には構造の大変化による
「社会のひずみ」があると分析しています。

韓国の自殺率が上昇している背景には、
競争の激化や格差の拡大で社会的ストレスが高まり、
鬱病が急増している状況があります。

 

振り返って日本を見てみれば、同じような状況があると感じます。

現代の私達が生きているこの時代
この社会の在り方をもう一度捉え直してみたい

そう感じます。

 

参考 ~ AKB総選挙にみる日本の世相 ~

 

 

 

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加