1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > Iメッセージ

Iメッセージ

うつ病パニック障害などの心の病の当事者のご家族の方は本人にどのように接したらいいか悩むことも多いと思います。

愛情をもって見守るというのが
基本スタンスになるのですが、
気がついたことがあった時には
Iメッセージで思いを伝えるというのが
本人の状態を安定させることに
効果があることがあります。

 

『わが家の母はビョーキです2』 (中村ユキ著) サンマーク出版
の中にあるエピソードで
統合失調症のお母さんがイライラして、
机をドカンドカン叩きだしたときに実の娘さんのユキさんは、

 

『 ちょっと 机が壊れるだろ〜が!! 』

と感じ、

『 誰が買ったと思ってんのさ 』

 

という言葉の投げかけをして、
お母さんが興奮して収拾が着かなくなると
いうようなことがよくあったそうですが、

 

だんなさん タキさんの対応は

『 お母ちゃん 手が痛くなっちゃうよ  心配だよ 』

という声かけだったそうです。

 

お母さんはその時、

『 ありがとう 』

と表情が和らいだそうで、

人にとって自分の存在を承認してもらうことが
いかに大きいのかが分かりやすいく描かれていました。

 

Iメッセージというのは

『 あなたは~しなさい 』

という支持・命令ではなく、

あなたの言動によって
私はこう感じるという
自分の気持ちを伝えるメッセージです。

 

普段のコミュニケーションでも
Iメッセージで気持ちを伝えると
コミュニケーションがとても円滑になる
ことがよくあるので
ぜひ使ってみられるとよろしいかと思います(^ー^)。

 

~希望を失わずに待つ~

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加