1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > イギリスのうつ病治療

イギリスのうつ病治療事情

イギリスでは国の方針として、

うつ病についての重症度別の治療指針が示されおり、
軽症レベルではまず心理療法(特に認知療法)が
推奨されてるそうです。

中等度以上のうつ病については、
抗うつ薬が推奨されていますが、
軽症うつ病へは、認知療法をはじめとする心理療法が推奨されており、
心理療法は最大十六回まで無料で受けられるそうです。
(認知療法なら、十〜十六回が標準的)

 

イギリスの医療制度は、
日本以上に皆保険制度が徹底しており、
基本的に窓口での自己負担額はゼロで、その分、
財政面の効率化と無駄の排除が厳しく行われており、
検査や処方薬を最小化するような
さまざまな工夫がなされているそうです。

「医療費が安くすむから」という国の思惑もあるようですが、
国家予算を投じてカウンセラーを養成し、
抗うつ薬の代わりに患者さんがカウンセリングを
受けられる体制を整えていることは素晴らしいと言えるでしょう。

『 うつ病新時代 』 張賢徳 著 (平凡社新書) より

 

私自身は認知療法を受けても効果を実感できなかったので
イギリスで認知療法が盛んに行われる要因に興味がありました。

 

欧米で精神療法を学ばれてきた
あるセラピストの先生から

イギリスで認知療法が盛んなのは
イギリス人が
論理好きで
論理的な話が好き
という国民性や
英語という言語が非常に
論理と親和性が高い言語であることも関係している

というお話を伺ったことがあり、
なるほどなと感じました。

 

先生によると日本人は論理的な思考が苦手で

『 理屈は分かる
分かるけれども
そうは思えない・・・ 』

となることが多くなりがち
ということでした。

 

認知療法でうつ病から良くなったという方と
話をしたこともあるので
日本人の方でも論理的な思考と
親和性の高い方は
効果を実感できるのかもしれませんね。

~私ももともと自分では論理的なタイプだと
思っていたのですが・・・(-_-;~

 

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加