1. ホーム
  2. サイドバー
  3. カウンセリング事例・感想(写真掲載)
  4. > 「薬を飲まずに良くしたい」(30代 男性)

「薬を飲まずに良くしたい」(30代 男性)

店頭フロントマネージャー職

「 薬はあまり飲みたくない

薬を飲まずに治したい 状態を良くしたい 」

T.Rさん(30代 男性) 店頭フロントマネージャー職 座り姿

店頭でフロントマネージャー職をされているR.Tさんが初めてカウンセリングにいらっしゃったのは3月末~

週1回のペースで通われ4回カウンセリングセッションを行いました。
いらしゃった当初は前の職場で人間関係のトラブルからうつ状態に陥り、心療内科では社会不安障害の診断もされたそうですが、

「 薬はあまり飲みたくない
薬を飲まずに治したい 状態を良くしたい 」

という思いでいろいろ検索するなかで、大岳のHPを見てカウンセリングを受けにいらっしゃいました。

R.Tさんは前の職場において先輩フロントマンの異動により業務と責任が急激に増加し、仕事量が自分のキャパシティを超えていっぱいいっぱいになってしまいました。

余裕がなかったので他のスタッフからのヘルプや問い合わせを受けられなくなり 対応できなくなっていき ・・・
まわりとの関係が悪化していったそうです。

上司との関係にも問題が生じ会社のデスクにいるのも辛くなってしまったため退職も考えましたが、地域マネージャーとの面談により今の店舗へ異動することになりました。

 

新しい店舗に移ってからも前の職場での対人トラブルによる緊張が甦り、

「 他のスタッフに悪く言われているのではないか・・・ 」

「 自分が異動してきたことで迷惑がられているんじゃないだろうか・・・ 」

といった不安やネガティブな思いにさいなまれ苦しんでいらっしゃいました。

 

カウンセリングでは、先ずは前の職場での出来事やトラブル~

・どんな流れで人間関係が悪くなってしまったのか
・どんな気持ちを感じていたのか
・何が嫌だったのか
・現在の職場でのご様子

などを丁寧にお聴きして、現在抱えている問題を整理し 楽にするアプローチを試みていきました。

そして、

・不安な思いがわいてきたときへの対処法として ー NLPワーク NASAゲーム

・職場の人達とのコミュニケーションの改善点を導き出すためへのアプローチとして ー NLPワーク ポジションチェンジ

をやりながら心の状態をクリアにしつつ 日常の生活の中で簡単に取り組めるシンプルな行動のアイディアを自分の中から抽出することができました。

T.Rさん(30代 男性) 店頭フロントマネージャー職 立ち姿

『カウンセリングの感想』

~~~~~~~

大岳さん  こんばんは。

自分が自分を理解してそうでしていない!

自分を受け入れていないから他人も受け入れていないって感じでしょうか!
大岳さんに色々な気付きを教えて頂いてそれを受け入れ実践していく!

簡単なプロセスの様に見えるけど勇気が足りない自分をまた受け入れる事!
認めてあげる事!

これが出来るようになれば周りにも同じように認めてあげて受け入れてあげる事が出来るのかな!
まだまだ発展途上なので答えはわかりませんが上を向いた道筋が出来ると思います!

習慣化する難しさを諦めず自分と楽しく対話する事が現在の目標です!

  R.T

~~~~~~~

心の状態を苦しめている~

視野が広がるためには

実際に動けるようになるためには

自らの納得感がポイントになるので

クライアントさんご本人の意識の変容をカウンセリングの中で起こしていくことが重要になってきます

 

本人の内側から意識の変容が起こると

自ずと行動や在り方にも変化が起きるので

まわりとの関係も良くなっていくという流れが創っていけます。

R.Tさんは20代の頃からまわりにヘルプをもとめることができず、

【 自分でやってしまう

自分でやろうとしてしまう 】

パターンを持っていましたが、

現在の役職をスムースにこなす上ではまわりの協力が必須ということも頭では理解できていたので、他のスタッフとの関係を良くするアイディアをNLPワークをやりながら自分から出してもらい

そのアイディアを実践する上での抵抗をまたNLPワークでゆるめていきました。

 

宿題として ー セッションの中で出てきたアイディアを職場の中で少しずつ行動に移してみることにし

一週間毎の経過を聴いていたところ、
一言目は、
「今週はあまり良くなかったです・・・」
と仰いますが丁寧に聴いていくと、

女性スタッフとの対応に笑顔でやり取りできているときがあったり

他部門の男性スタッフ業務の不満を聞いたり相談に乗っているなど

少しずつ変化してきているのが分かりました。

~ わたしもそうですが、人間は凹んでいるところに目がいってしまう習性があるようです(^_^; ~

 

R.Tさんとのセッションにおけるカウンセリングの流れは、

凹んでいるところ話してもらい丁寧にお聴きした後で
できているところを確認してもらい
両方の自分がいることを認めて 受容していく~

後半で現在の不安点を出してもらい不安を整理してクリアするためのNLPワークをし、現状の改善できる点をもう一歩進める

そんな感じでした。

 

職場やまわりの人達からどう見えるのかははっきりは分かりませんでしたが、わたしから見るとT.Rさんは自分の状態を良くしたいと素直で真摯に取り組む姿が印象的でした☆

自分から出てきたアイディアでも実際に行動に移すには抵抗がでる場合はままあるので、その抵抗をゆるめるのに多少の時間とエネルギーがかかることもありますが、R.Tさんが比較的短期間で良くなっているのは素直なところが大きいだろうなと感じました。

ご本人にそう伝えたところ、他の人からはそう言われたことはほとんどないそうでしたが(^^)。

今後は、
・自分自身の内面としっかりコミュニケーションすること
・上司とのコミュニケーションをより円滑に進めること
・スタッフとコミュニケーションを取るときにできるだけ笑顔でいられるようになること
が課題として上がっています。

「そのためには【自己重要感】がポイントになりますね☆」

というシェアもしているのでよりカウンセリングを深めていきつつ、R.Tさんの今後の活躍が楽しみです♪

T.Rさん(30代 男性) 店頭フロントマネージャー職 4月下旬

 

料金メニューはこちらからご覧になれます。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972