1. ホーム
  2. サイドバー
  3. セルフセラピーの事例
  4. > お腹がタールのような物体で…

お腹がタールのような物体で埋め尽くされて・・

images

 

うつ病で休職中の男性クライアントさんとフォーカシングをしていたところ~

クライアントさんが自分でフォーカシングができるようになり ー
身体の声をキャッチできるようになっていきました。

そのクライアントさんが仰るには、

 

「以前は珈琲が好きだったのですが、身体がイヤがっている感じで…

そこで、フォーカシングをして身体に

『何がいいの?』

と 聞いてみたところ

【牛乳】

と返ってきたので珈琲を飲まなくなりました(^_^;」

と伺ったことがありました。

 

へ~

珈琲は身体にはあまり良くないのかな~

と思いながらクライアントさんのお話を興味深くお聴きしましたが、珈琲好きのわたしはその後も毎日何杯も珈琲を飲んできました。

 

先日、風邪か食中りか過労か体調を崩しお腹も下って早めに寝た明け方に・・・

やたら、お腹が張って苦しい夢をみました。

 

イメージの映像の中でお腹の中にどす黒い茶色のタールのようなものがゼリー状になっていっぱい固まっていたので~

必死に掻きだして捨てている 放かっているような残像がありました。。

 

目が覚めてお腹の張りを気にしながら、フォーカシングしてみると

【珈琲が飲みたくない】

ようでした…

全く飲んでいけないわけではなさそうで、4~5日に一杯くらいはいいそうです(・・;。

『じゃあ、何が飲みたいの? お茶?』

とか聞いていたら今のところ

【お湯】

だそうです~(・_・)。。

珈琲はそんなに飲めないのか   トホホ

 

DSC04677 - コピー

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972