1. ホーム
  2. サイドバー
  3. セルフセラピーの事例
  4. > フォーカシング~天女の羽衣

フォーカシング~天女の羽衣

ここでご紹介しているセルフセラピーの事例は
2010年10月にわたしが自分に施した
セルフセラピーの流れです。

かなり丁寧に自分をトランス(催眠)状態
に入れたのでこんな感じになりました

ここからがセルフセラピーになります。

 

 『 先日 珍しく朝から頭痛がしました。

 

午前中のカウンセリングセッションを終え、
午後からのカウンセリングが
急遽キャンセルになったので
事務処理をしようとしたところ

やはり頭痛が気になったので
自分でセルフセラピーをしてみることにしました。

短い時間ちょこちょこすることはありますが、
その日は時間ができたので
じっくりやってもいいなと思ったのです。

 

横になって深呼吸をしながら

ゆっくりとリラックスをします。

(ここはトランス誘導をするためにかなり時間をとります)

 

~ トランス誘導のやり方を書いていると
すごく長くなるので省略します   ~ 

 

フォーカシングのアプローチで
頭の痛みに声をかけていきます。

 

『 こんにちは

  わたしはあなたがそこにいることに気が付きましたよ 』

 

自分の意識が身体のパートに声をかけていく

そんなイメージです

 

かなり丁寧に自分をトランスに入れたので

ぼんやりとまどろみながら

その無意識のパートに耳を傾けていきます

 

『 あなたはわたしに何を伝えてくれようとしているの 』

 

そうすると

 

【 こういう時間をもっとちゃんととってほしい

  わたしに向き合う時間をもっとしっかりととってほしい 】

 

という反応が返ってきました

 

『 そうなんだ  ごめんね

   忙しさにかまけて  

  最近  

  あなたとのコミュニケーションを
おざなりでやってたよね


ごめんね  

  これからはもっときちんと時間をとるからね

   いつもありがとう              』

 

 

そんなことを伝えた頃には

頭の痛みは気にならないくらいになっていました

 

 

『 ほかにもわたしと話したいことはあるかな 』

 

問いかけてみると

 

背中が痛みを訴えてきます

背中はよく痛むのですが

丁寧に聴いてみようと思い

 

じっくりとその痛みを感じてみます

 

しばらく痛みとともにいて 

 

その痛みはどんな感じなんだろう

 何に喩えられるかな

 

以前にも何度かアプローチしているので

前にもでてきたヨーロッパの騎士が身につけるような

鉄の重い鎧のイメージが浮かんできました・・・

 

『 そうなんだ  

  わたしのことを守ってくれていたんだね

  ありがとう

  そうなんだね  ありがとう          』

 

と伝えてみます

 

 

幼い頃  父の怒声や

まわりからのちょっかいに対して

わたしを防御するために

 

堅い堅い鎧となって わたしを守ってくれていた

そんなイメージが再び甦ってきました

(以前にも感じたイメージです)

 

 

今回はトランス状態のなかで

無意識に違ったアプローチをしてみたようでした

 

『 わたしを守ってくれてありがとうね

  でも、鎧だと重すぎて辛いから

   何かもっと軽くて楽なものに変えてくれないかな  』

 

 

そうしたら しばらくして 

真っ白い羽衣が浮かんできました

 

天女が白い羽衣を纏っている姿です 

 

『 それいい!  それとても素敵☆

  軽そうだし  綺麗だし       』

 

しかも その羽衣は

ふわふわとわたしのまわりに浮かんで

 

何か危険なものからは

やんわりと そして 力強く

守ってくれる感じでした

 

何せ天女の羽衣ですから!

軽くて美しいうえに鎧よりも強いのです

 

『 ありがとうね  ありがとう  』

 

 感謝を伝えて

トランスからもどってきた時には

 

背中も心もとてもすっきりと気持ちのいい感覚でした 

 

時計を見るとゆうに二時間は経過していましたが

久しぶりに手応えのあるセルフセラピーができました

 

時間を気にせず
このような時間を自分のためにもってあげることは
とても大切なことだとあらためて感じています 』

 

 

ここまで

一種のイメージワークによる
内面コミュニケーションと言えますでしょうか。

 

ちなみに2年前から
静岡から通ってくれているクライアントさんは
フォーカシングと相性が良くて
セッションの中でよくフォーカシングをしていたので
自分でもできるようになってセルフセラピーをされています。

 

不安になったときなどにとてもその効果を
感じてくれているようです。

 

フォーカシングが合うか
NLPの心理療法が合うか
どの心理療法が合うかは個人差がありますので
お話をお聴きしながら
その方に合ったアプローチをカスタマイズしております。

 

 

 

うつ病・抑うつ状態でお困りの方やお仕事を休職中の方向けのカウンセリングについてもっと知りたい方はこちらのページにてご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972