1. ホーム
  2. サイドバー
  3. 恋愛依存をカウンセリングで克服するなら
  4. > 恋愛依存から脱け出すために

恋愛依存から脱け出すために

かつての私は極度の恋愛依存でした・・・

自分で自分のことを好きになれない分
自分で自分を認められない分

好きな女の子に自分を認めてほしい
自分を愛してほしいと

極度に依存しようとしていました

 

当事は尾崎豊を聴きまくっていたことからも
この依存度合の高さがよく分かります

【 シェリー
いつになれば俺は這い上がれるだろう
シェリー
どこにゆけば
俺は辿りつけるだろう 】

【 I love you
今だけは悲しい歌
聴きたくないよ

何度も愛してるって聞くおまえは
この愛なしでは生きてさえいけないと fuー fuー fuuー 】

尾崎はドラッグに依存し、
最期はアルコールに依存した末での死でした・・・

 

相手に依存しようとするから
当然相手からしたら

重かったり
負担過ぎたり
ウザかったりして

最終的にうまくいかなくなってしまう・・・

 

こんなパターンを何回か繰り返すうちに
この苦しい思いをなんとかしたいと思い、

パターンのチェンジを試みました

 

一人の女性に依存するから相手も重く感じるんだ
三等分とか四等分すれば、
一人にかかる重さが何分の一かだから
相手も負担に感じないだろう!

 

今 振り返ると全くアホな考えですが、
当事は真剣にそんなことを考えていました。

 

しかし、そんな考え方でパートナーシップがうまくいくはずもなく、

そのうち行き詰まり、へと至る要因になってしまいました・・・

 

から抜けるプロセスは
恋愛依存からの脱出とイコールを意味していました。

つまり、私は

外側にもとめることを止め
自分自身が自分を満たす取り組みを始めたのです。
自分で自分を認めるために
自分で自分を愛するために

始めた最初の一歩は、

【 自分に 『ありがとう』 を言うこと 】

でした。

『 本当に大変だったね  ありがとう 』

『 いつもよくやってくれているね  ありがとう 』

『 今日もお疲れ様  ありがとう 』

思いを変えることは大変ですが、
口に出す言葉を変えることは
思いを変えるのに比べると
比較的容易に変えることができます。

本心からでなくても
先ずは言葉を変えればいいのです。

古来から日本では言霊と言われていたように
言葉には力があります

新約聖書 ヨハネによる福音書・第一章 冒頭の書き出しも

『 はじめにことばがあった
ことばは神と共にあった
ことばは神であった
このことばは はじめに神と共にあった
すべてのものはこれによってできた
できたもののうち一つとして
これによらないものはなかった
このことばに命があった 』

というフレーズから始まっています。

すべてのものが
言葉によってできたのかは分かりませんが、

【 言葉に力がある 】

ことは間違いありません

先ずは、
口にする言葉
自分に投げかける言葉

を変えてみてください
そのうち思いにも変化が起こります

自分に 『 ありがとう 』 を言うのがスムースになってきたら

自分に 『 愛してるよ 』 と言うのもよいでしょう

私は今では
よく胸に手を当てて

『 いつもありがとう 愛してるよ 』

と自分の無意識に語りかけています。

畢竟

恋愛依存症なり
アルコール依存症なり
買い物依存症
ギャンブル依存症
セックス依存症 ・・・

すべての依存症は
自分への愛情を感じられないところに端を発しているのでしょう

だから、
自分への

『 ありがとう 』 の言葉こそが最良の処方箋

 

恋愛依存で苦しんでいた状態を乗り越えられたクライアントさんの事例・感想はこちらのページでご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加