1. ホーム
  2. サイドバー
  3. カウンセリングについて
  4. > フォーカシングとは?

フォーカシングとは?

 

1960年代にアメリカの心理学者 ユージン・ジェンドリンが心理療法で効果がでる人とでない人の違いを研究し始めたところから生まれた技法です。

カウンセラー・セラピストの治療セッションを録音し分析したところ治療効果がでない人は、セッションのなかですらすらと話しており、セラピストの質問に対 してよどむことなくスムースに答えている、つまり頭で考えていることをパっと返すという答え方をするという特徴がありました。
これに対して効果がでる人は、面談の過程で

「 うーん、どう言ったらいいんでしょう。それは・・・ あのー・・・ それは・・・ 怒りというのとはちょっと違うし・・・ うーん・・・」

あるいは

「 それは胸のここのところにあるんです。」

とか

「 胃のこのあたりがなにか変な感じがするんです・・・ 違和感というか締めつけられるような感じというか・・・」

こんなふうな答え方をしていたそうです。

つまり、効果がでていた人達は、セッションのなかで今この瞬間に身体で感じている、漠然とした、言葉では表現しにくい身体の感覚にアクセスしてそれに気付 いていくというプロセスを通して良くなっていったということでした。

ジェンドリンはこの効果のでるセッションをカウンセラー・セラピストが行えるように技法として体系化し、フォーカシングと名づけました。

フォーカシングにおいては今自分の身体がどうなっているか、何を感じているのか、そこにゆっくりとアクセス し、耳を傾けていくことが重要なプロセスとなります。

 

~フォーカシングのアプローチの具体例~

 

 

名古屋で鬱病・抑うつ状態・休職からの復職支援のカウンセリングをしております。
大岳カウンセリング.roomへのお問い合わせ・お申し込みはこちらのページでご案内しております。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加