1. ホーム
  2. サイドバー
  3. うつ病当事者会・うつ病サポート情報
  4. > うつ病の医療費負担が減る!?

うつ病の医療費負担が減る!?

心療内科・精神科の通院治療費を軽減してくれる制度があります。

自立支援医療(精神医療)制度とは?

心療内科・精神科に通院している方の診療費の一部を県・市町村が負担してくれる制度です。
通常医療保険制度による利用者の負担は3割ですが、自立支援医療制度を申請すると利用者負担は基本1割まで軽減されます。病院代だけでなく薬代も基本1割負担になります。

例えば、医療費が1万円だった場合だと通常の利用者負担は3千円となりますが、自立支援医療制度の申請により1割の千円の負担で済むことになります。うつ病の心療内科通院は長期にわたることが多いため通院費も長期間の負担で大きくなっていきます。この自立支援医療制度は通院者にとって負担が軽くなる制度になります。

心療内科の精神科医から自立支援医療制度の申請をすすめられることはあまりないでしょうから、自分から主治医に相談するとよいでしょう。私はうつ病で休職時にうつ病の当事者会で他のうつ病の方からいろいろなお話を聞くなかで知りました。主治医の先生に相談すれば詳しい説明を聞くことができるでしょう。

申請用紙は市役所でもらえます。記入は主治医がすることになりますので心療内科で担当医にお願いすることになります。
申請に必要な書類等は市役所の窓口で教えてくれます。障害福祉課、保健 福祉課などが担当窓口となります。申請が認められると、「受給者証(自立支援医療受給者証)」が交付され診療時に心療内科の受付に提出すると診療負担が軽減されます。

詳細は厚生労働省のHPで確認することができます。

833-788x519

 

クライアントさんが心療内科を受診するに至る経緯

体の症状や眠れないなどの悩みや漠然とした不安を抱えたときに、「心の病や精神的な問題からくるのでは・・・」と思い先ずは病院を受診しようと思いますよね。

精神的な問題を病院で受診する場合、【総合病院の精神科】と駅前などにある【心療内科】【メンタルクリニック】が考えられます。
心療内科の方が比較的気軽に受診できるでしょう。私自身が休職していた時は総合病院に通院していましたが、わたしのところにカウンセリングにいらっしゃるクライアントさん達の7割以上の方が心療内科に通院されています。稀に心療内科から紹介されて総合病院の精神科に移ったという方や過去に入院されていたという方もいらっしゃいます。

心療内科を受診するときは、先ず電話で予約をします。初診の時は問診のために比較的長めに時間を取っていただけます。症状や問題発生の経緯から診断がなされ、お薬が処方されます。心療内科の治療は基本的に薬物療法になります。2回目以降は5分~10分くらい精神科医の先生による診察があり、症状の推移により様子を見たり薬が変更になり処方されます。診察時間がもっと短い心療内科もけっこうあるようです。

548f7d60ec117d1e612e33e5d785b963

 

うつ病のクライアントさん達が心療内科(病院)を選んだときのポイントや心療内科への通院からNLPカウンセリングを受けるに至る経緯、うつ病から回復するプロセスについてはこちらのページからご覧になれます。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加