1. ホーム
  2. サイドバー
  3. カウンセリングについて
  4. > RFT(レジスタント フリーダム セラピー)とは?

RFT(レジスタント フリーダム セラピー)とは?

◆ 負担の少ない、優しくてパワフルなタッピング心理セラピー(RFT)を導入しています ◆

* うつの課題 *

うつは心の問題が身体に反映している、身体の問題とも言えます。うつの方々は身体が重だるく、行動が思うように取れません。

この重だるい身体の原因には「ネガティブな感情」が大きく影響しています。

身体に溜まった「ネガティブな感情」が、思考や行動を制限していると言えます。

 

つまり、そのネガティブな感情にアプローチが出来たら、体は軽くなって、思考や行動の制限が解消されるということになります。

そこで、「大岳カウンセリング.room」では、負担の少ない、優しくてパワフルなタッピング心理セラピー RFTを導入しています。

 

* 自分で自分をケアできるように *

RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)に出会って、わたし自身も自分で使って、セッションにも取り入れるようになって、

「 これは良い!! 」

と、このタッピング心理セラピーの効果を実感しています。

 

そこで、クライアントの皆さんが、自分で自分をケアできるようになって、「生き生きとした毎日を過ごしてもらいたい」との思いから、年末までに講師を取得して、セミナーを始めたいと思っています。

 

覚えてしまえば、一生使えて、日々のストレスケアにも活用出来ます。セミナー参加ご希望の方は、大岳までお申し出ください。準備ができ次第、ご案内をお送りします。

 

◆ さらに画期的な、革新的な変容へ! ◆

✻ 自分の状態の可視化へ ✻

これまで、1000人以上のうつ状態の方々にお会いしてきた中で、今のご自身の状態や、理想的な在り方をお示しすることが出来ず、歯がゆい気持ちもありましたが、「エネルギー的なアプローチ」でそれをお示しする可能性が見えてきました!

 

✻ エネルギー的なアプローチとは ✻

◎ 負担が少ない・変化が(他の方法よりも)早い

◎ ご自身のことを説明しなくて済む

◎ セッションの見通しが立つ

 

この手法は気功などに使われる、エネルギーに直接触れるという、画期的で革新的なアプローチです。

最初は、私自身もこういった手法にはずいぶん抵抗を感じましたが、実際に自分にも使ってみて、セッションにも取り入れたところ、これなら、クライアントさんの負担が少なく、早く、パワフルに変化をもたらせることを確信するようになりました。

さらにご自分の状態を「身体の感覚を使って」知って頂くことが出来るので、どのぐらい身体が変化しているかも可視化(可感化)してお伝えできるようになりました。

 

✻ 具体的に言えば… ✻

こういったことを文章で説明するのは難しいのですが、わたしが、クライアントさんにセッションで必要なエネルギーに触れて、それをクライアントさんご自身で感じ取って頂き、そこからRFTを進めるというやり方です。

実際にやってみてもらうと、ほとんどの方が「感覚」を感じ取ることが出来て、喜びのお声も頂いています。

今後、この画期的な手法でのセッションを中心に、「大岳カウンセリング.room」は、これまで以上に、クライアントさんに寄り添ったセッションをご提案して行きたいと考えております。

 

✻ 自分の活力を取り戻してもらうために ✻

この手法は、“Touch my Voice(心の声に触れる)”というアプローチで、来春には講師の資格を取得する予定です。

RFTの受講後に、ご参加頂けます。易しく、よりパワフルにご自身の日々の生活で活用できます。

こちらも参加ご希望の方は、大岳までご連絡下さい。準備ができ次第、ご案内を差し上げます。

 

RFTとはどのような心理療法なのか

 

RFTは自分の内側の様々な思い、感情、感覚を見つめ 受け入れていくことを可能にする心理セラピーです。 ( Resistant Freedom Therapyの略称 )

私達は将来のことで不安になったり、人間関係でイラだったり、経済的なことで悩んだり、健康状態で苦しんだりします。

このときに自分の不安や苛立ちを無くそう無くそうとしてうまくいかなかったり、感情をコントロールできなくて自分を責めてより苦しみのドツボに嵌ったりしていきますが、

RFTは自分の内側から湧いてくるあらゆる思いや感情を丁寧に紐解き、自分の内側にあるものを受け入れていくことを可能にするセラピーです。

 

自分の内側にあるものを受容していくことが進んでいくと、『 この自分で良い 』という感覚が高まり 気持ちが楽になります。同時に身体の感覚も楽になり、自分を縛りつけていた重しからも解放されていきます。

私達の問題を解決するためのアプローチや心理療法はたくさんありどれも長所と短所がありますが、RFTの優れているところは

【 状態が変化することへの抵抗 】

【 良くなることへの抵抗 】

へアプローチすることができるところです。

 

カウンセリングや心理療法が効果がでないときやあまり前へ進んでいないと感じることが往々にしてあるでしょうが、そこにはクライアントさんの内側に何がしかの抵抗(クライアントさん自身も気付いていない大きな抵抗)が起きています。それは、

 

変わることへの不安かもしれないし

今までの自分を否定したくないという思いかもしれないし

カウンセラーへの不信感かもしれないし

そもそも人を信頼していないので、不安を持っている必要があるというメリットかもしれない

 

その人の内側にどんなものがあるのかを抵抗に見ていくことによって、その思いや感情・気持ちを受け入れることが可能となります。

RFTはカウンセリングや心理療法が進みにくいときに起きているこの抵抗へアプローチする手法に卓越しており、今まであなたが抱えてきた悩みや苦しみを解決する一助となると確信しております。

 

RFTについて詳しく知りたければ創始者である佐藤順子先生のHPがこちらからご覧になれます。

 

大岳  龍昇
Rusho Ootake

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加