1. ホーム
  2. サイドバー
  3. NLP心理療法ワークの解説
  4. > 姿勢編集

姿勢編集


NLPには自分の状態管理の方法として
多くの個人編集テクニックがあります。

その中の一つに
極めて簡単にできて即効性のある方法として
姿勢編集テクニックがあります。


姿勢編集テクニックとは
姿勢を変えることによる内的状態の管理を意味します。


の人の状態の特徴をいくつか列挙するならば、

・下を向いている
・伏し目がち
・無表情
・背中がまるまっている
・固まってあまり動かない

などが挙げられます。

これらは気分が落ち込んでいるから
そうなっているわけでしょうがない


一般的にはそうですが、

 

NLPでは

気分が良くなってきたから表情がもどる
気分が良くなってきたから下を向くことがなくなる

とはせずに
逆に

目線を上げる → 気分が変わる
胸を張る → 気分が変わる
口角を上げる → 気分が変わる
スキップをする → 気分が変わる
ガッツポーズをする → 気分が変わる

というように姿勢を変えることによって
心の内的な状態へアプローチしていきます。


心と身体は連動しています。

このように身体の状態に変化を加えることによる
アプローチはとてもパワフルで
NLPのワークの多くが身体を動かしながら行うのにも
大きな意味があります。


『 キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法 』
             (上大岡トメ 著)
という本があります。
これはNLPの本ではありませんが、
一番最初のページに
やる気のない状態からなんとか踏ん張って
エイエイオーのポーズをとると
心もシャンとするという解説がされています。


戦国時代の武士達も
姿勢編集テクニックを使っていたのかもしれませんね。


  口角を上げる~笑いの効用~




※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972