1. ホーム
  2. サイドバー
  3. NLP心理療法ワークの解説
  4. > 解決志向アプローチ

解決志向アプローチ


【問題ではなくて解決にフォーカスする】

ソリューション・フォーカス・アプローチ
(解決志向アプローチ)
というセラピー(心理療法)があります。

別名ブリーフ・セラピー(短期療法)と呼ばれたり、
ポシビリティ・セラピー(可能性療法)
と呼ばれることもあります。


この手法は、NLP(神経言語プログラミング)でも
重要なベースとなっている
20世紀で最も偉大な功績を残した
と言われるセラピスト-ミルトン・H・エリクソンの
アプローチから発展してきたセラピーです。


エリクソンが行なったセラピーの特徴のひとつには、

【過去や問題を極力扱わず、
 ゛これからどうなりたいか゛ にフォーカスした】

ということがあげられ、

来室したクライアントの過去や問題について
ひとつの質問さえしなかったという
ケースも多く記録に残っています。


エリクソン曰く、

『 私は基本的に゛未来゛、゛解決゛にフォーカスします。
  クライアントが過去や現在抱えている問題に
  がんじがらめに縛れて、全く身動きがとれないときのみ、
  ゛過去゛や゛問題゛を扱います。
  それ以外のケースは
  未来にフォーカスするだけで十分なのです 』


 【自分がどうなりたいか】

を決めると脳が動きだす

今まで重要視していなかった
自分の未来に対する情報を自動的に取りにいく

この脳の仕組みを活用する

所謂 私達が明示的に
無意識と呼んでいるこの力を活用する


そこに創造的な
エネルギーの動きや
ムーブメントが起こり

人生を良くしていける
~うつから抜ける~
道筋への流れが生まれてきます

このことが人生のテーマを決める
ということの重要性と繋がってきますね☆


 参考 ~ うつからの回復に向かって ~ 



 

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972