1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > うつ病への運動効果

うつ病への運動の効果~運動する意欲が湧いたきっかけ

 

▼うつ病には有酸素運動が効果的!? ①

 

うつ状態の改善に運動が効果的なことは
多くの方が言っていますし、
精神科のDr.に軽い運動
をすすめられることもあるかと思います。

 

しかし、それはそうなんだろうけど
やる気がしない
何もやる気がしないんだよ・・・

というのがうつの人の状態ですよね。

 

私が休職をしているときに
両親が高島忠夫さんのうつ病体験記の本を買ってきて

『高島さんはジムで運動をしてよくなったんだから
うつ病には運動するのがいいよ』

とやたらと言っていました。

 

そのときはそう言われてもなんら心に響かなかったし
身体も反応しなくて
ただただダルくてやる気にならないと感じていました。

 

運動がいいと言われてもする気にならないんだから・・・
頭が重くて動く気になんかなれない
というのが当時の私の状態でした。

 

▼うつ病には有酸素運動が効果的!? ②

 

うつ病休職してから1年9か月くらいの頃に
ずっと背中が痛かったのでよく家族に愚痴をこぼしていたところ
両親の友人のおばさんが近くの整体院を紹介してくれました。

『 元相撲部の主将をやっていた先生で力は強いし
健康保険がきくから毎日行ってもそんなに負担にならないよ。
とりあえず、ものは試しで行ってみたら 』

と教えてくれたのでその整体院に通ってみることにしました。

その整体院はおじいちゃん・おばあちゃんがいっぱい来ていて、
指圧は5分ほどで後は電気でのマッサージでしたが
とにかく保険が効いて負担が少なかったので
週3・4日は通うことにしました。

先生に背中を押されると悲鳴を上げるほど痛かったのですが
特に肩甲骨のあたりを押されるのは効いている気がして
私はマメに通っていました。

先生は、

『 サポートはできるけどやっぱり本質的によくするには
自分で運動して身体を動かさないとね~ 』

と言ってくれていましたが、
なかなか身体を動かす気にはならなかったので

『 はぁ~ 』

とか言いながら指圧をしてもらい続けていました。

指圧を始めて2か月くらい経っても背中の痛みに
あまり変化がなかったので先生に相談すると

鍼をやってみようか
という話になり、
人生初の針治療をすることになりました。

鍼の治療は心地いいくらいな感じだったのですが
鍼治療と同時に背中に5つのガラスの吸盤を当てて
空気を圧縮して吸い込む吸い玉をやってもらったときに
背中に紫色をどす黒くしたような吸盤の跡が5つ
ベッコリとできました。

先生は私の背中を見て

『 こんな色は80も超えたじいさんくらいしかならない色やぞ~ 』

と驚いた様子でした。
普通 健康な若い人は少し赤みが差すくらいになるらしいのですが
そのときの私の背中は本当にどす黒い紫で
見るからにそこの部分が腐っているように見えたのです。

それまで表面的には私の身体は見た目 普通な感じだったので
自分でもどこが悪いのかよく分からない曖昧な気持ちだったのが
自分のそのどす黒い紫の背中を見たときに

『 あ~ 俺の身体は本当にうっ血していて
血が流れていないんだ・・・  』

と実感しました。

そのどす黒い紫の背中をビジュアル的に体感することによって
こんなに血が腐ったようになってしまっていて
流れていないのでは背中も痛くなるわな・・・
と深く腑に落ちたのでした。

それは小学生のころ
しもやけになった指が紫色にはれて
痒くて痛くて仕方がなかったことを思い出し
背中が痛い理由 身体も頭も重い理由が深く納得がいったのでした。

こんなに血が流れていないんじゃ
身体の状態もよくなるわけがないし 気分も軽くなるわけがない

先ずは血を流さないと!!

それが私がプールへ行って身体を動かそう
運動しようという意欲が湧いたきっかけでした。

 

▼うつ病には有酸素運動が効果的!? ③

 

私はプールに行って身体を動かすことにより

うつ状態や背中の痛みが少しずつ良くなりました。

といっても当初は身体が重くてダルかったので

泳ぐより 歩いたり 水に浮かんでいることのほうが

多かったのですが、それでもよくなっていく実感がありました。

うつ病から回復するうえで

運動が効果があるのは次の循環が回るからです。

身体を動かす → 眠気が起きる → 少し眠れる

身体を動かす → 血液の巡りがよくなる

→ 自律神経のバランスが整ってくる

身体を動かす → 眠れる → 活力が湧く

身体を動かす → 食欲が湧く → やる気がでてくる

→ さらに身体を動かす気がおきる → 眠れる

少し考えれば誰でもわかることですが、

身体を動かせば疲れるので眠くなるし

食欲も湧くし

血の巡りもよくなるし

自律神経のバランスもよくなるわけです

正の循環がまわるのです。

身体を動かし 運動することにはとてもいい効果があります。

やはり、ポイントはどうやったら動く気になるのか
というところだと思います。
身体を動かして運動して効果がでた人のリアルな話を聞くのが
やる気を湧かせるきっかけになることもありますね。

 

うつ病のクライアントさん達が心療内科(病院)を選んだときのポイントや心療内科への通院からNLPカウンセリングを受けるに至る経緯、うつ病から回復するプロセスについてはこちらのページからご覧になれます。

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加