1. ホーム
  2. サイドバー
  3. お役立ち情報
  4. > うつ病における二次利得~

自己否定  うつ病における二次利得~

これはけっこう知られていると思いますが、

うつ病になることによる二次利得というものがあります。

 

カウンセリングをしているとクライアントさんご自身が

すでに意識されていることもあります・・・

例えば、

 

・ うつ病になったことにより働かなくて済む

・ 家族がやさしくしてくれる

・ 転がっていても文句を言われない

・ 家事をしなくてもゆるされる

 

etc

 

逆に、

長い間 うつをやっていると
働かないことや家事をしないこと
ずっと横になっていることで
いろいろ言われてしまう
家族が優しくしてくれないこともあるでしょうが・・・

 

上記の二次利得はよく言われることもあると思いますが、

実は、

 

この奥に更に隠された利得がありまして

こちらの方がずっと重要であります

それは、

 

【 『うつ病に取り組む』 というやることがある 】

という利得です

 

はぁ~ どういうこと ・・・

 

と感じる方もいるかもしれませんが、これは

【 人生で何をしたらいいのか分からない 】

という問題と直結しています

 

つまり、うつ病から治ってしまうと

やることがなくなって暇になってしまう

という問題があります

 

うつ病には 【難病に取り組む】 という人生のドラマがある・・・

 

納得していただけるかは分からないですが、

わたし達はやることがなくなって暇になってしまうのを

恐ろしいと感じています

 

問題がなくななると暇になってしまいます

なんとか暇を潰さないと ということで

問題を創りだしている・・・

 

この構造がわかると

☆ ゴール設定 ☆ の重要性が理解できます

☆ゴール = 実現したい状態

なりたい状態 理想的な状態

 

元気になったらやることがあるんだから

無意識は身体を心を元気にしようとするわけです

 

【 治ったらやることがなくなっちゃう 暇になっちゃう~

だったら問題と取り組んでいないと 】

という構造から抜けるためには

☆ゴール を設定する必要があります

 

俺はこれをしたいんだからうつ病やってる場合じゃないな!

と無意識が認識してくれれば~

ガッツリ回復がはじまります

 

DSC04637 - コピー - コピー

 

※当サイトに掲載されているクライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
カウンセリングで得られる結果には個人差があります。

名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル201

地下鉄桜通線
国際センター駅 徒歩2

営業時間 10:00〜22:00

休診日 月曜日

大岳カウンセリング.room
ご予約・お問合せ 080-6970-1972
友だち追加